みよしの森の木使い人

    

木住協の概要

名称 三好地域木造住宅推進協議会
会員数 58名
会長 山田 徹(株式会社山田設計会長) 三好池田町シンマチ
事務局 三好市農林振興課内 三好市池田町マチ2145-1 0883-72-7618

設立の背景

阿波三好地域は、伝統的な技術とスギ・ヒノキなど豊富な森林資源を背景に、地場の材料を使用した木造建築物が長年に亘って建てられ、地域経済の一翼を担うともに魅力的な街並みや文化をつくりだしてきました。

しかしながら、近年、住宅建築における地域外業者の受注が増加する傾向にあり、地場産業である建築・木材産業の衰退とともに、こうした文化と技術の継承が憂慮されているところです。

一方、地球温暖化防止に係る京都議定書の発効を契機に、森林や林業についての国民の関心は更に高まってきており、炭酸ガスの貯蔵や循環を可能にする林業や木造住宅にもようやく注目が集まりつつあります。

こうしたなか、三好地域に在住する森林所有者、製材、大工・工務店が連携し、生産(森林)から消費(住宅)に至る一貫システムを構築し、阿波三好地域材料による三好地域の人々による安全で安心な家つくりを推進するために設立しました。

基本コンセプト

  1. 三好地域の材料で三好地域の人が造る木の住まい。(顔が見える)
  2. 質の高い(安全・安心・健康)木の住まい。
  3. 三好地域の風土・歴史・文化に根ざした木の住まい。

活動内容

  1. 三好地域木造住宅の建築推進(目標数値:20棟/年)
  2. 三好地域木造住宅を推進するための情報交換及び連絡調整
  3. 三好地域木造住宅の普及活動
  4. 広報やインターネット等によるPR活動
  5. 木造住宅講座の開催

組織

img_soshiki

 

三好地域木造住宅建築奨励金の交付

三好地域木造住宅の推進のため三好市及び東みよし町より1棟当たり50万円が支給されます。

〔支給の条件〕

  1. 三好市及び東みよし町に建築すること。
  2. 建築に関わる関係者(森林所有者から大工・工務店)が全て三好地域木造住宅推進協議会の会員であること。
  3. 三好地域木造住宅標準仕様基準をクリアすること。

〔問い合わせ先〕

  • 三好市に建築予定の方:三好市農林振興課(0883-72-7618)
  • 東みよし町に建築予定の方:東みよし町産業課(0883-79-5339)